背景画家

島倉 仁 -JIN SHIMAKURA-

・1940年新潟県生まれ。
・中学生にして、新潟県の美術展に入選、その後、文部大臣賞、郵政大臣賞を受賞。
・1960年20歳 版画の勉強の傍ら上京。東宝(株)に入社。黒沢明監督、伊丹十三監督、岡本喜八監督、大林宜彦監督作品に参加し、様々な装飾美術を手掛ける。旅
・1981年 東宝(株)を退社、フリーに。背景画家として、映画・特撮テレビ番組・CM制作の他にも、全国の博物館から内装壁画の依頼を受ける。
この間、テレビやラジオ、雑誌などマスコミに注目され、「空の島倉、雲の島倉」を不動のものにする。
・1992年 日本アカデミー協会特別賞 受賞。黒澤明監督 作品『まあだだよ』のエンディングに使われた夕景作品が評価された。
・米米CLUBのCDジャケット制作に参加。
・1993年 作品制作開始。第1作『トレメンダス』発表。初の原画展 開催。横浜インターコンチネンタルホテル、東京、横浜、名古屋、大阪、福岡など、全国各地で展覧会を行う。
・版画・ジグソーパズル・ポストカードなど関連商品が多数販売。
・「最期は、島倉さんの作品で見送ってくれ」。岡本喜八監督のお別れのセレモニーでは、遺言どおり背景装飾を手掛ける。
・1995年 国際エミー賞 受賞。 NHKスペシャル『生命』(94年放送)
・2005年 文化庁映画功労賞 受賞。第五十回 映画の日永年功労賞 受賞。
・2008年 倉林誠一郎記念賞 受賞。(舞台美術)
・2014年 株式会社フジクラ(5803東証1)2015年度企業カレンダー採用。
・2015年 ものづくり日本大賞 内閣総理大臣賞 受賞。日本の産業・文化の発展を支え、豊かな国民生活の形成に大きく貢献し、伝統的・文化的な「技」を支えてきた事を評価された。
・新潟県のあがの市民病院ロビーに、白鳥の湖「瓢湖」を制作。
・新潟県寺社 福隆寺の襖絵を奉納。1回目は、チベットから中国へと流れる仏教の伝来を表現。追加で新潟県の山々や寺社周辺の風景を描き、完成させる。雄大な襖絵の景色は、来訪者を驚かせている。
・NHK「ザ・プロフェッショナル」、TBS「ニュース23」、テレビ朝日「報道ステーション」など、空の画家として、特集が組まれる。また近年「ゴジラシリーズ」・「ウルトラマンシリーズ」の空や雲が、すべて島倉仁の手によるものと周知され始め、文藝春秋、週刊文春、神奈川新聞、日経新聞などに掲載される。
・2021年 日本テレビ ヒューマンドキュメンタリー「有吉×怪物」に出演。
常人では成し得なかった偉業や発想、大物監督がこぞって仕事を依頼する映画界の怪物として紹介された。
・これまでに、150作を超えるオリジナル原画を発表。現在も、魂を込めた制作活動を精力的に継続、そのテーマは、空や雲に加え、富士、桜、滝、海、炎と広げている。
・「新横浜ラーメン博物館」の昭和レトロな街並みの上(空)を見上げると、実際に描いた作品がある。

主な参加映画作品

1957年 『異母兄弟』三國連太郎・田中絹代 /家城巳代治監督(独立映画)
1959年 『宇宙大戦争』池辺良 /本田猪四郎監督(東宝)
『日本誕生』三船敏郎 /稲垣浩監督(東宝)
1968年 『山本五十六』三船敏郎 /丸山誠治監督(東宝)
1981年 『ねらわれた学園』薬師丸ひろ子 /大林宜彦監督(東宝)
1984年 『零戦燃ゆ』加山雄三 /舛田利雄監督(東宝)
『天国に一番近い島』原田知世 /大林宣彦監督(東映)
1987年 『漂流教室』林泰文 /大林宣彦監督(東宝東和)
1988年 『帝都物語』勝新太郎・嶋田久作 /実相寺昭雄監督(東宝)
1990年 『タスマニア物語』田中邦衛 /降旗康男監督(東宝)
1991年 『大誘拐』北林谷栄・緒方拳 /岡本喜八監督(東宝)
1993年 『大病人』三國連太郎 /伊丹十三監督(東宝)
『まあだだよ』松村達夫 /黒澤明監督(大映)
『水の旅人 -侍キッズ-』山崎努 大林宣彦監督(東宝)
2005年 『ゴジラ -FW-』松岡昌宏(TOKIO) /北村龍平監督(東宝)
2006年 『犬神家の一族』石坂浩二 /市川崑監督(東宝)
2007年 『武士の一分』木村拓哉(SMAP) /山田洋次監督(松竹)
2008年 『ザ・マジックアワー』佐藤浩市 /三谷幸喜監督(東宝)
2015年 『ギャラクシー街道』香取慎吾(SMAP)・綾瀬はるか 三谷幸喜監督(東宝)

Works 作品一覧


  • 島倉 仁

    島倉仁 No.1【トレメンダス】 P8 画寸 340mm×460mm/ジクレ版画 エーゲ海の白い宝石と呼ばれるギリシャ・ミコノス島の夕景。 「トレメンダス」とは「恐ろしいほど素晴らしい」という意味。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.2【モン・サン・ミッシェル】 P8 画寸 460mm×340mm/ジクレ版画 昔、天使が舞い降りたと言われるフランスの北西部の修道院。 ここは、半島になっていて、激しい潮の満ち引きでこのように見える。1979年、世界遺産に登録。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.3【ファイナル サンセット】 P8 画寸 340mm×460mm/ジクレ版画 最高のリゾート地、カリブ海の美しい砂浜と海。ここでの「ファイナル」は、「最後の」から転じて、「最高の」という意味。島倉作品の代表的夕景。

  • 島倉 仁

    島倉仁 NO.4【ゲット アット ニューヨーク】 P8 画寸 460mm×340mm/ジクレ版画 まさに世界の中心。人類が作り上げた文明の良くも悪しくも代表とも言える。その象徴とも言うべき摩天楼を真っ赤に染める夕陽は、自然からの賞賛と思いたい。

  • 島倉 仁

    島倉仁 NO.5【ゲート ウェイ イースト 横浜】 P8 画寸 340mm×460mm/ジクレ版画 日本で最初に開港された四つの港シリーズ第1弾。横浜ベイブリッジからMM21地区を望む。 ランドマークタワー、インターコンチネンタルホテル、マリンタワーに灯が入り、富士山の向こうに夕陽が沈む。

  • 島倉 仁

    島倉仁 NO.6【ゲート ウェイ イースト 神戸】 P8 画寸 340mm×460mm/ジクレ版画 日本で最初に開港された四つの港シリーズ第2弾。六甲山から見下ろした神戸の夕景。 オリジナル作品は、震災前の平成6年 春。

  • 島倉 仁

    島倉仁 NO.7【ゲート ウェイ サウス 函館】 P8 画寸 340mm×460mm/ジクレ版画 日本で最初に開港された四つの港シリーズ第3弾。函館山から港を望む、日本一の夕景。 手前はロシア正協会。右はカトリック教会。その後方には、以前、連絡船で賑わった函館港。

  • 島倉 仁

    NO.8【ゲート ウェイ サウス 長崎】 P8 画寸 340mm×460mm/ジクレ版画 日本で最初に開港された四つの港シリーズ第4弾。洋館が点在するグラバー園の後方、鍋冠山から長崎港を望む。

  • 島倉 仁

    島倉仁 NO.9【セッティング サン 湘南】 M10 画寸 340mm×535mm/ジクレ版画 稲村ケ崎から、由比ヶ浜、江ノ島、そして、富士山を望む。夕陽が沈みゆく中、浜辺には、まだ人が残り、ヨットやサーフィンを楽しんでいる。

  • 島倉 仁

    島倉仁 NO.10【乙女峠】 P8 画寸 340mm×460mm/ジクレ版画 富士山のビューポイント乙女峠からの夕景。箱根から国道138号線で、強羅・仙石原を抜けると、 乙女トンネルに出る。ここを抜けると、この絶景が現れる。手前の灯りは、御殿場の街。

  • 島倉 仁

    島倉仁 NO.11【レジェンド】 M10 画寸 340mm×535mm/ジクレ版画 五千円札にも使われている名所、本栖湖畔から富士山を望む。逆さ富士の絶景ポイントでもある。 山麓の霧が、いっそう荘厳さを醸し出している。湖畔の灯りはホテルやキャンプ場。

  • 島倉 仁

    島倉仁 NO.12【トウキョウ ナイツ】 P8 画寸 340mm×460mm/ジクレ版画 お台場から都心を望む。満点の星空と大きな月のもと、レインボーブリッジや東京タワーが夕陽の中に輝く。

  • 島倉 仁

    島倉仁 NO.13【プロスペクト オブ ジャパン】 P8 画寸 340mm×460mm/ジクレ版画 神田の大糸桜をイメージして描いた作品。日本の将来へ、期待を見出す想いを込めた富士と桜。

  • 島倉 仁

    島倉仁 NO.14【ジャパン】 P8 画寸 460mm×340mm/ジクレ版画 雲海から顔を出し、満開の桜と鮮やかな月に映える霊峰富士山。まさに日本を象徴する富士と桜は、代表作品の一つでもある。

  • 島倉 仁

    島倉仁 NO.15【シンビアン】 P8 画寸 460mm×340mm/ジクレ版画 「共生」という意味をもつ『シンビアン』。神秘的にライトアップされた一本桜は、日本三大桜の一つ、根尾谷の淡墨桜をイメージし描いた作品。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.16【イベンチャル ペイサージ】 M10 画寸 340mm×535mm/ジクレ版画 見事な一本桜は、『小岩井の一本桜』をイメージして描いたもの。背景の山との対比を楽しめる雄大な作品。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.17【富士の白糸】 M10 画寸 340mm×535mm/ジクレ版画 国の名勝、天然記念物に指定されいる、富士山西麓を流れる芝川にかかる清廉な滝。 この作品は、制作後、アトリエからの搬出時に、不快指数が大きく変化したと言われている。 まるで、マイナスイオンを放出しているかのように。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.18【那智の滝】 M10 画寸 535mm×340mm/ジクレ版画 日本三大名瀑の一つ。気品があり、かつ勢いもある日本を代表する滝。全体の「青」とその反対色の「桜」が映える滝作品。2004年 世界遺産(周辺)登録。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.19【ジーズデイズ サウス】 M10 画寸 340mm×535mm/ジクレ版画 島倉仁の象徴「雲」を最高に表現した傑作。積乱雲や上空の雲まで存分に描き、穏やかな海と呼応している。場所は、各々の想う南の海。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.20【サンセット ブルーバード】 M10 画寸 340mm×535mm/ジクレ版画 ロサンゼルス近郊のマンハッタンビーチの夕景。ビーチバレーやローラーブレードで賑わっている。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.21【又兵衛桜(奈良)】 P8 画寸 460mm×340mm/ジクレ版画 後藤又兵衛に因んで名づけられた、奈良にある枝垂れ桜。NHK大河ドラマ「葵・徳川三代」のオープニングに使われたことで有名となった。その「花明かり」へのオマージュとサジェストを込めて書いた作品。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.22【黎明(レイメイ)】 P8 画寸 340mm×460mm/ジクレ版画 素晴らしい1日の始まり。「黎明」という言葉は、物事の始まりの比喩に使われる。毎日、生まれ変われるような爽やかな朝日。島倉作品の中で、数少ない、朝焼けをを描いた作品。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.23【サムデイ】 P8 画寸 340mm×460mm/ジクレ版画 躍動感と繊細さを感じさせる、勢いのある雲に、エメラルドグリーンの穏やかな海。『雲』の傑作。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.24【ピースフル クラウド】 P8 画寸 460mm×340mm/ジクレ版画 浮き雲を描いた、穏やかで平和な作品。ぽっかり浮かんだ、この雲のように、すべての人に安らぎを。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.25【大地 AIR IN HOKKAIDO】 P8 画寸 340mm×460mm/ジクレ版画 まさしく雄大な景色を描く。画面のほとんどを使った空と雲の割合は、島倉作品の中でも最大級。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.26【ポプラ AIR IN HOKKAIDO】 P8 画寸 460mm×340mm/ジクレ版画 一本のポプラを、北海道の象徴と捉え、大きな雲と一緒に描く。

  • 島倉 仁

    島倉仁 N0.27【デイライト AIR IN HOKKAIDO】 P8 画寸 460mm×340mm/ジクレ版画 昼景。No.28【トワイライト】夕景と同じ場所にて。こちらは、元気で爽やかな雲と空気を感じてください。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.28【トワイライト AIR IN HOKKAIDO】 P8 画寸 460mm×340mm/ジクレ版画 夕景。No.27の【デイライト】昼景と同じ場所にて。こちらは、憂愁で穏やかな雲と空気を感じてください。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.29【イブニング プレアー】 P8 画寸 460mm×340mm/ジクレ版画 箱根ターンパイクから、芦ノ湖、富士山と続く絶景。 心を開き、今を感謝し、未来を願いたくなる風景。「夕べの祈り」と題したこの作品は、その一つかもしれません。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.30【微睡の富士(madoromi no fuji)】 P8 画寸 340mm×460mm/ジクレ版画 微睡み。夢と現実の狭間にいる思い。計り知れない奥深さ、雅な薄紫の大景観。 パープル色にさらなる色彩を感じさせる作品。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.31【乙女峠・冬】 P8 画寸 340mm×460mm/ジクレ版画 前作No.10【乙女峠】の冬バージョン。箱根から、強羅 仙石原を抜け、乙女峠からの絶景。 陽が傾き、真っ白な雪が薄朱に染まる、穏やかな富士景観。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.32【威風堂々】 P8 画寸 340mm×460mm/ジクレ版画 日本の「誇り」にして「象徴」する、このプライドとシンボルに相応しい圧巻の作品。 強さと優しさという相反する二つを内包する、威厳に満ちた憧憬の島倉不二である。

  • 島倉 仁

    島倉仁 N0.33【ジニアの富士】 P8 画寸 340mm×460mm/ジクレ版画 山中湖畔にある百日草(ジニア) が一面に咲き誇る花畑の向こうに、幻想的な富士が現れる。百日草の花言葉は、「幸福」・「絆」・「友への思い」。「いつまでも変わらない大切なもの」という願いが込められた作品。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.34【富士日和】 M10 画寸 535mm×340mm/ジクレ版画 満開の桜と新緑が、爽やかな空気を感じさせる富士の風景。 山梨県側からの美しい「富士」と「桜」は、日本を代表する景色である。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.35【ナイト ダイヤモンド】 P8 画寸 340mm×460mm/ジクレ版画 月がダイヤのように光り輝く、幻想的な光景。富士五湖のさらに西にある田貫湖からの景色。「パール富士」、「プラチナ富士」より、荘厳に輝く特別な「ナイト ダイヤモンド」。奇跡的な夜の「ダイヤモンド富士」である。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.36【ラ トゥール エッフェル】 P8 画寸 460mm×340mm/ジクレ版画 エッフェル塔に灯が入り、今日一日が終わろうとしている。 人々は、移動式遊園地を覗いたりと家路を急がず、ゆったり時が流れている。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.37【ビバリー&ウイルシャー】 P8 画寸 460mm×340mm/ジクレ版画 華やかなビバリーヒルズ。その中でも高級なショップが集まるロデオドライブ。中央の建物は、映画「プリティーウーマン」の舞台となった「ザ・リージェントビバリーウイルシャーホテル」。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.38【グッバイ ティル ネクスト】 P8 画寸 340mm×460mm/ジクレ版画 海と潮風と光に包まれ、身も心も洗われる至福の時。他の事はどうでも良くなる。日々の様々な煩わしさは、忘却の彼方へ。「さよなら、またね」と、夕日に向かって言える、後悔のない充実した人生を賞賛する夕景である。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.39【さよなら、またね】 P8 画寸 460mm×340mm/ジクレ版画 No.38【グッバイ ティル ネクスト】二部作。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.40【神庭の滝(岡山)】 P8 画寸 460mm×340mm/ジクレ版画 日本を代表する名大滝。落差110mの断崖絶壁を豪快に流れ落ちる。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.41【黒沢の滝(長野/安曇野)】 P8 画寸 460mm×340mm/ジクレ版画 北アルプスの常念山脈にある。無病息災・五穀豊穣を祈願する。

  • 島倉 仁

    No.42【ノルタルジア(モンゴル/夕)】 変形 画寸 267mm×530mm/ジクレ版画 大草原に夕日が沈む。雄大な夕景。ゲル(移動式住居)で営む遊牧民の生活は厳しいが、都市で暮らす者の憧れでもある。モンゴル・ホブト(地名)。

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.43【ノルタルジアⅡ (モンゴル)】 変形 画寸 300mm×500mm/ジクレ版画 雨上がり大草原に大きな虹が架かる。川にも虹が映り込んでいる。青空と大地のコントラストは、大草原ならではの美しさ。モンゴル・ホブト(二部作)

  • 島倉 仁

    島倉仁 No.44【ヘブンリーエア】 P8 画寸 460mm×340mm/ジクレ版画 ゴールドの雲間から光が差す、神々しい風景。まさに天国の雰囲気を醸し出している。

  • 島倉 仁

    島倉仁 【ノクターン】 804×1166㎜/アクリル

  • 島倉 仁

    島倉仁 【グレート オブ 富嶽】 750×1200㎜/アクリル

  • 島倉 仁

    島倉仁 【プロスペクト オブ ジャパン】 804×1166㎜/アクリル

  • 島倉 仁

    島倉仁 【シンビアン】 1180×830㎜/アクリル

  • 島倉 仁

    島倉仁 【クリムソン スカイ】 F15/アクリル

  • 島倉 仁

    島倉仁 【ホープフル サンセット】 M20/アクリル

  • 島倉 仁

    島倉仁 【シーン秋】 P10号/アクリル

  • 島倉 仁

    島倉仁 【ジーズデイズサウス】 M10/アクリル

  • 島倉 仁

    島倉仁 【薄明静寂】 10F/アクリル

  • 島倉 仁

    島倉仁 【又兵衛桜】 F8号/アクリル

  • 島倉 仁

    島倉仁 【ヘブンリーエア】 F6/アクリル

  • 島倉 仁

    島倉仁 【クラウドヒストリー 002】 F3/アクリル

  • 島倉 仁

    島倉仁 【クラウドヒストリー003】 SM/アクリル